おとなの健康はっく

40代以上のための健康専門ブログ。いつまでも健康で若々しくいたい管理人が愛用しているファイテン製品を中心に健康ネタをご紹介します。

酢タマネギの作り方!血管年齢が気になる人にお薦め

春はタマネギが美味しい季節ですね。

血液サラサラ効果がありそうな「酢タマネギ」をつくってみました。レシピは簡単です。

シャキシャキと美味しい酢漬けのタマネギをいつでも食べられるので便利。

酢たまねぎ タイトル画像

皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

酢タマネギをつくってみました。

40代にもなったら血管年齢を考えたいですね。血液サラサラ効果を期待して毎日食べたいと思います。

目次:酢タマネギの作り方と効果

作り方:簡単!酢とタマネギとハチミツだけ!消費期限は1週間をめどに

酢タマネギの材料は以下のとおりです。

  • ガラスの密閉容器(熱湯もしくは煮沸して消毒)
  • タマネギ:1個か2個(容器に入る量)
  • お酢:容器に入れた玉ねぎが浸るくらい(リンゴ酢とかでもOK)
  • 蜂蜜:大さじ2くらい(お好みで)

1回作ってみて、甘さが足りなければ蜂蜜を足すなど、調整してみてください。

作り方は以下のとおりです。

  1. タマネギは食べやすい大きさにスライスして、熱湯消毒した密閉容器に入れます。
  2. タマネギが浸るくらいに酢を入れます
  3. お好みで蜂蜜を入れます。よしぞうは大さじ2杯くらい

完成したものがこちら。ちょっと酢が少なかったかな。

酢たまねぎ 完成した画像

瓶に詰めた様子

タマネギはスプーンで押して平らにしたほうがいいと思います。

酢たまねぎ 酢玉ねぎ拡大画像

消費期限は冷蔵庫で保管して1週間をめどに食べ切りましょう。

↑目次に戻る

ためしてガッテンの作り方は塩を入れる

NHKの「ためしてガッテン」のレシピでは塩を入れるそうです。

  • タマネギ:中1個(約200g)
  • お酢:大さじ5
  • 塩:少々
  • 蜂蜜:大さじ1.5~2

よしぞうは塩を入れていません。年をとってきたら塩分を控えたいですからね。

塩を入れなくても十分美味しいです。

↑目次に戻る

酢タマネギの効果は?

酢とタマネギの効果は以下のとおりです。一緒に摂ることで相乗効果が得られそうです。

酢の効果

酢には以下のような効果があります。

  • 疲労回復効果
  • 内臓脂肪を減らす効果
  • 高血圧抑制効果
  • 血中脂肪が低下する
  • 食欲増進効果

参考:タマノイ:お酢と健康

タマネギの効果

タマネギには以下のような効果があります。

  • 血糖値の上昇を抑える
  • ストレス抑制効果
  • 体温上昇効果
  • 血液サラサラ効果
  • 腸内環境改善効果

参考:スキンケア大学:調理法で変化するタマネギの栄養効果
参考:マイナビウーマン:ダイエット効果も!? 女子の強い味方「玉ねぎ」の効能って?

どちらにも血液や血管にいい効果がありそうですね。血糖値や血中脂肪が気になる方は、酢タマネギにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

↑目次に戻る

まとめ:作るのも簡単だし、そのまま食べられるから嬉しい

実際に作ってみると、かなり簡単に作れます。

食べる時も、サラダに添えたり、小鉢でそのまま出したりと簡単に食べることができます。

1回作れば1週間くらいでちょうど無くなります。

シャキシャキしていて美味しいのでオススメですよ。